アフロゥMk2

絵の練習とか漫画とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

したいという感情

(下品な話が苦手な方は注意してください)


伝わる、ってどういう事だろうと悩みました


絵が上手くて可愛い女の子も描けるエロ絵師
画力は高くなくてもプレイに拘りがある絵師
同じシチュで描いた物は圧倒的に後者が人気

この差は一体何なんだろ、と分析してみると

前者の人はエロを描くのが好きでも、結局は
可愛い女の子が描きたくて、エロも可愛さの
表現に加味する要素な扱いで描いていました

後者の人は、もうとにかくエロいのが大好き
可愛さも犠牲にエロ表現を取るような絵描き
見る人すら選ぶようなリビドーを感じました


それはやっぱり情熱の違いのように思えます
「これを描きたいんだ!」との思いがあって
エロを描いてるかどうかの違いなんだろうと

確かに前者の絵からプレイに熱意を感じない
でもその人は一般で可愛い女の子を描く事に
定評がある人、エロではそうでないだけです


思うに、「伝わる」と言うのは熱量であって
「〜をしたい!」という、能動的な感情から
生み出されるものじゃないか?その欲求から

ディズニー氏は「こんな世界に行きたい」と
欲求を露わにあのキャラや作品群を作り出し
事実世界中の人に同じ欲求を感じさせました


能動的感情です


持論ですが、受動的感情より能動的感情のが
人を掴む事ができるんじゃないかと思います
受動(可愛い、格好いい)能動(〜したい)

この家族に混ざりたい、この人と恋をしたい
ここに行きたい、この子に触りたい、等々…
どこに力を入れるかで変わる物だと思います

例えば「この続きが見たい」も能動的ですね

「読者に欲求を持たせる」…これって物凄く
大事ってか真理に近いんじゃないでしょうか
キャラが大事だから個性を、なだけじゃない

このキャラをもっと見たい、もっと知りたい
こう思わせれば大勝利、ですよね。つまりは
やはり能動的感情が要なようです。発見だ!


仕組みを知ったとこで描き方の指南書なんて
ないんですが、つまり自分の能動性に従って
キャラも話も作れば、きっと共感が得られる

前半のエロ絵師も、「こういう子としたい」
と欲求が溢れて人気を博してるわけですから
大衆性以上に自分の欲求が必要なのかな〜と

そう思います。長くなりましたが、以上です
スポンサーサイト
  1. 2012/11/30(金) 20:03:48|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三年間の変化

これは三年前…描き始めて間もない頃の絵。
サボってばっかでアホな志望者生活謳歌して、
本当に努力したといえるのはここ二年間だけ。

なのでその二年の努力での絵の変化ぶりを
測るために三年前の絵をリメイクしてみた。



bfr.jpg


こっちが今

aft.jpg


ゴーグルが浮いてるのはミス。昔に釣られたww

とりあえず、デッサンの効果は偉大だなあと。
立体感が全然違う。絵柄ももはや別人だなww
「俺の絵柄は個性がない~」ってよく言うけど
昔と比べたら割と個性が強くなってるんだね。

ちょっと元気でてきた。
  1. 2012/11/27(火) 16:13:53|
  2. イラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やーごめんごめん

東京に引っ越しして部屋に家具が全部揃ったよ!
ニート期間を謳歌してます。12月半ばくらいまで。
そろそろネームも完成させなきゃいけないしね。

で、まあ最後の仕上げというか画力向上のために
基礎のおさらいやイラストだったりを描いてる。
デッサンとかもっともっとしたいんだよねマジ!



最近描いたラクガキ

nrp.jpg

sjng.jpg

rllnk.jpg


ちゃんとしたもの


sp.jpg

samet.jpg

smbxr.jpg



俺の目指すものが立体的な絵なんだから、
やっぱ背景あってこそだと思うんだよね!
バストアップとか立ち絵とかは簡単だよ。

まだ立体感が全然足りないけど、そこらは
乞うご期待ってやつ!デッサンしまくる。
とりあえず毎日頑張って描く、そんでは。
  1. 2012/11/26(月) 16:56:20|
  2. イラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

えんのすけ

Author:えんのすけ
漫画家志望

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

たうんか

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。